阿蘇くじゅう国立公園に属する由布・鶴見岳の麓で裾野をなだらかに別府湾へと広げる扇状地特有の地形により、緑豊かな山々や高原と波静かな別府湾に囲まれた美しい景観を誇り、大地から立ちのぼる「湯けむり」は別府を象徴する風景として市民はもちろん観光客からも親しまれております。また市内には、別府八湯と呼ばれる個性豊かな8つの温泉郷を楽しめ、市有温泉だけでも80近くの施設が点在します。風情あふれる温泉や絶景を眺めながらの露天風呂など、豊富に温泉ロケーションが存在します。
また「地獄蒸し」や、「とり天」「別府冷麺」など、地元に古くから根付いた郷土料理は、グルメ番組でも数多く取り上げられています。
旅番組や映画・ドラマに映える立ち上る湯けむりの中、旅情あふれる温泉街を、撮影するだけでなく、見て、歩き、味わい、感じていただきたいと思います。
ゆけむり展望台
21世紀に残したい日本の風景百選の2位に選ばれている「別府湯けむり」を一望できる展望スポットです。ここの「別府湯けむり展望台」からは、別府の町全体を見渡すことが出来ることと、街中から立ち上る湯けむりを撮影することが出来ます。
別府地獄
別府の象徴ともいえる別府地獄ですが、代表的なものは海地獄がよく撮影対象になっております。別府ということが分かる撮影内容であれば別府地獄の海地獄をオススメ致します。
鉄輪温泉
鉄輪と書いて「かんなわ」と読みます。別府の中でも多くの温泉源が集中しています。温泉はもちろんのこと、温泉街ならではの風情ある町並みを撮影することが出来ます。
竹瓦温泉
唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根をもつ、趣ある温泉です。撮影ポイントと致しましては、外観の撮影と砂湯と呼ばれる温泉です。外観の撮影は、施設前の道路が狭く建物との距離がとれないので機材、構図を考える必要があると思われます。
別府海浜砂湯
別府海浜砂湯は別府国際観光港の隣で、現在では少なくなった砂の浜辺が残っている上人ヶ浜(しょうにんがはま)の一角にあります。1度に10名以上が入浴でき、グループの方もいっしょに楽しむことができます。また雨天時でも入浴できるよう可動式屋根を設置しましたので雨の日の撮影でも心配いりません。また休憩所も設置されています。