阿蘇くじゅう国立公園内にある「久住高原」、日本でも珍しい高濃度炭酸泉が湧出している「長湯温泉」、歴史文化薫る国指定史跡「岡城跡」および城下町など自然豊かな都市です。
多くの絶景をご用意できますのでぜひご利用ください。
城下町(歴史の道)
今もなお当時の趣を残す竹田の城下町を巡るこの道は、日本を代表する音楽家・滝廉太郎の記念館をはじめ、土塀と漆喰壁が風情を漂わせ、格式高い武家屋敷も現存しています。着物を着て本通りを歩くと当時を思わせる撮影を行うことが出来ます。
ラムネ温泉
泉質は炭酸泉。当施設を設計したのは日本を代表する建築家のひとりである藤森照信氏です。外観は温泉施設と思えない程、デザイン性が高い建築物です。
長湯温泉
世界屈指の炭酸泉湧出地としても知られ、江戸時代より地元民に愛されてきた古い温泉地です。中でもガニ湯と呼ばれる共同浴場は川のすぐそばにあり、柵も囲いもない野趣あふれる温泉です。景色が良いことで県内外からも入浴に来られるお客様がいらっしゃいます。
岡城址
およそ800年前に築城された岡城址は今も竹田市のシンボルとなっています。撮影ポイントとしては、毎年4月に開催される岡城桜まつりでは史実に基づいて作られた大名行列が街中を練り歩き、当時の様子が伺えますので時代劇等の撮影にオススメです。
くじゅう花公園
花の絨毯が広がるくじゅう花公園では、広大な敷地に四季の花々が一面に咲き誇ります。晴れた日には、壮大な九重連山を背景に撮影することが出来ます。