大分県立美術館(OPAM)
「街に開かれた縁側としての美術館」をコンセプトに設計された大分県立美術館(OPAM)。市街地に建てられた美術館には、連日多くの方が訪れています。壁面がガラス張りということもあり自然の光がやさしく施設内を照らします。施設内にはカフェや研修室等、様々な部屋があります。
久住高原
久住山及び大船山の南麓の標高約 1,100mの地域に広がる久住高原。大草原が360度に広がり、雄大な山々を背景に撮影することができます。特に春から夏にかけては青々とした美しい草原を撮影する事が出来ます。近くには乗馬体験が出来る施設等もあります。
セメント町
津久見市は石灰石の資源が豊富で古くからセメント業が盛んな町です。市内では街とセメント工場が隣り合い、道路の上を太いパイプが通っているなど、セメント町ならではの風景がここには広がっています。
伽藍岳
伽藍岳は、大分県由布市の別府市との境界近くにある活火山です。以前、実際に撮影現場としても使用されたことがあります。特徴として、火口を間近に見られる事や山の斜面から蒸気が噴き出す等、地獄のような荒々しい別世界の風景が広がっています。火口付近までは車で行くことが可能です。