江戸時代の庄屋の家屋を佐野植物公園内に移築・復元したもの。市内における最古の民...
肥後街道の一部で、肥後城主細川氏と豊後岡藩主中川氏の参勤交代道路として利用され...
大分県最大規模の前方後円墳で、全長116m(前方部52m、後円部直径64m)、...
「府内」とは大分の別称。慶長2(1597)年、福原直高が築城。現在、濠や石垣は...
大分市の友好都市である武漢市(中国)との交流を記念して造られた公園。
奈良時代に聖武天皇の命により建てられた国分寺の跡地で、現在は史跡公園として整備...
江戸末期から明治にかけて建築され、昭和47年まで酒造りが行われていたに使われた...
園内には約450本の梅が植えられており、中には樹齢800年を超える古木も。龍が...
大分市の西端にある高崎山には、現在約1,500頭の日本ザルが生息しています。B...
大分市出身の国際的建築家である磯崎新氏の設計による建築物。当初は県立図書館とし...
蛇紋岩と呼ばれる黒い石によって海岸 が黒く見えることからこのように呼ばれている...
別府湾に面した海水浴場。口を開けたような湾と中央に浮かぶ人工島の織り成す地形が...
七瀬川流域を利用して整備された公園。広大な芝生広場や水に親しむゾーン、スポーツ...
県庁舎前の通りに沿った遊歩道状の公園。大分の地において南蛮文化が繁栄していたこ...
大分市南東部の九六位山頂にあるキャンプ場。
瀬戸内海に浮かぶ無人島の海岸沿いに建てられているキャンプ場。バンガローが5棟あ...
1901年に佐賀関半島の突端に建てられた灯台。現在も実際に使用されているため。...
聴潮閣は、昭和4年(1929年)、大分県政財界の第一人者であった高橋欽哉が、大...
平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られたといわれる臼杵の磨崖仏。六十余体ある磨...
晩秋の宵、石畳と白壁の連なる昔ながらの町並みを竹ぼんぼりの灯りがやさしく照らし...