中津市のシンボルの八面山では、標高差500mを駆け上がる自転車レースが毎年秋に開催される。四方八方、どの方向から見ても同じ形に見えることから八面山と名づけられた。