大手門跡から毛利家の菩提寺である養賢寺まで約700mの道で、「日本の道100選」に選定されています。石畳や白い壁の土塀、特有の薬院門の武家屋敷が続き、城下町の風情と佐伯市の歴史が感じとれる通りです。