「大入島」での祭事で、神武天皇の東征の際の「神の井」伝説にまつわる故事に由来し、現在は無病息災を祈る伝統行事として定着しています。暗闇の中、高さ10メートルを越すトンドが燃える姿は迫力があり神秘的です。