鶴御崎は演歌歌手・鳥羽一郎の「男の港」の舞台としても知られる。先端部は50mから200mの高さを持つ海食崖がみられる。高台にあるパノラマ展望ブリッジからは、鶴御埼灯台を眼下に見おろし、その先に広がる豊後水道を見渡す絶景を望むことができる。天気の良い日には遠くは四国まで見渡せ、その景色は圧巻です。