県庁舎前の通りに沿った遊歩道状の公園。大分の地において南蛮文化が繁栄していたことを物語る銅像が数多く建立されている。