1901年に佐賀関半島の突端に建てられた灯台。現在も実際に使用されているため。冬期は周囲の道沿いにヤブツバキの紅い花が咲く。