大分県最大規模の前方後円墳で、全長116m(前方部52m、後円部直径64m)、高さは前方部7m、後円部10m。4世紀末~5世紀前期に造られたと推定される。