聴潮閣は、昭和4年(1929年)、大分県政財界の第一人者であった高橋欽哉が、大分県別府市に住居兼迎賓館として建てた近代和風建築です。 大正から昭和初期にかけて、温泉観光都市別府にはモダンでハイカラな公共建造物や、別荘、私邸が数多く建てられました。 しかし残念ながら、別府は戦災を免れたにもかかわらず、その多くは保存されることなく失われてきました。それでも別府には当時の建築文化を偲ばせる建物がいくつか残っています。その中で現在、住宅として使われていた近代化遺産というべき建物で一般公開されているものは「聴潮閣高橋記念館」のみです。「聴潮閣高橋記念館」は、木材に贅を尽くした建物です。