2月に入ると、四浦半島からは早くも桜の便りが届きます。四浦地区には、現在河津桜が3700本以上あり、県内でも最大の河津桜の名所となりつつあります。例年、2月の上旬に開花の便りが聞こえてきて、中旬ぐらいには見頃を迎えます。2月中は河津桜の花を楽しむことができることと思います。四浦半島の住民の方々が中心となり、2005年1月より地域内の沿道などに植栽してきました。地区の方の粘り強い活動や、善意の苗木が贈られるなどにより、年々本数が増えてきています。