乱積みの石段を登った先の山中に、高さ約8mの不動明王像と、高さ約7mの大日如来の2体の磨崖仏が彫られている。周囲には人工物がほとんどなく、撮影に適している。ドラマ等の撮影実績あり。