大分市の西端にある高崎山には、現在約1,500頭の日本ザルが生息しています。B群・C群の2つの群れに別れて毎日サル寄せ場に現れます。